リフォーム工事前のアスベスト調査が義務化!?施主様にも義務が?

投稿日:2022年10月17日  更新日:2024年1月24日

2021年4月1日に大気汚染防止法が一部改正され、2022年4月1日からは、リフォーム工事前のアスベスト調査が義務化されています。

 

今回は、少しややこしいリフォーム工事前のアスベスト調査について詳しく紹介します!

 

そもそもアスベストって?

 
アスベストというのは、石綿とも呼ばれるもので、1960年代から建材として使用されるようになりました。

アスベストがもっとも多く使われていたのは、1970年代の前半頃です。

ただ、1970年代の前半頃からは、肺がんなどの健康被害とアスベストの関係が指摘されるようになりました。

リフォーム工事前のアスベスト調査が義務化!?施主様にも義務が?(1)

 

その後、アスベストは徐々に規制されるようになり、2006年には0.1%以上のアスベストを含む建材の製造や使用などが全面的に禁止されました。

 

つまり、現在はアスベストの建材はほぼ使われていませんが、1960年〜1970年代頃に建てられた家やマンションなどでは、アスベストが使用されている可能性が高いということです。

 

屋根のアスベストについて紹介した記事「千葉県千葉市若葉区 K様邸 屋根葺き替え工事 屋根撤去」はこちらからご確認いただけます。

 

リフォーム工事前のアスベスト調査が義務化?

 
アスベストは、飛散した粉を吸うことによっても健康被害を及ぼすことがあるため、取り扱いには十分に注意する必要があります。

2021年4月1日に施行された大気汚染防止法の改正案では、アスベスト含有建材への規制やアスベスト除去作業の基準の設定などが行われました。

さらに2022年4月1日からは、リフォーム工事前のアスベスト調査が義務化されたのです。

リフォーム工事前のアスベスト調査が義務化!?施主様にも義務が?(2)

 

2022年4月1日に義務化されたのは、以下の条件を満たすリフォーム工事です。

 

・対象の床面積が80㎡以上の解体工事を行う

・請負金額合計が100万円以上

 

アスベスト調査は、ただ単に調査を行って終わりではなく、規定の調査方法に基づいて調査を行い、調査結果を保存することが必要です。

 

施工会社が行うべき事

 
リフォーム工事前のアスベスト調査が義務化されたことにより、施工会社も行うべきことが増えました。

もし義務を怠った場合、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられる可能性があります。

施工会社が行うべきことは以下の通りです。

リフォーム工事前のアスベスト調査が義務化!?施主様にも義務が?(3)

【事前調査】

・設計図書などでアスベストの使用の有無を確認し、目視でも確認する(※設計図書などがない場合は目視のみでもOK)

・建材を特定し、メーカーに成分情報などを確認する

・壁の内側などは、目視が可能になった時点で調査する

・調査結果を現場に提示し、3年間保存する

 

アスベストは2006年に事実上、使用禁止となっていますので、着工日などを確認し、2006年以降であることが分かれば、その結果を事前調査とすることもできます。

 

【アスベストが確認された場合】

・労働基準監督署に工事の14日前までに届け出を出し、アスベストの除去や封じ込めの工事を行う

・除去工事が終われば、アスベストが残っていないかどうかを確認する

・アスベストが含まれる建材の解体・改修作業を行った場合は、作業の様子を写真に収め、3年間保存する

 

【カバー工法なら届け出は不要の場合も】

アスベストを含む素材に損傷を及ぼさない形でカバー工法や塗装を行う際には、事前の届け出や工事の際の隔離、作業記録の提出や保存は不要です。

 

弊社では、屋根・外壁のカバー工法も行っております!お気軽にご相談ください!

 

施主様にも義務がある?

 

実は今回の法改正によって、リフォーム工事前のアスベスト調査には、施主様にもいくつかの義務が生じます。

施主様に生じる義務は、以下の通りです。

リフォーム工事前のアスベスト調査が義務化!?施主様にも義務が?(4)

・リフォーム工事前のアスベスト調査が適切に行えるよう、情報提供を行う

・アスベストの除去が必要になった場合は、工事費用を負担する

・施工会社の工事日程、作業方法などに配慮する

・施工会社に現場の写真撮影が義務化されているため、写真撮影に対する許可および保存の許可を行う

 

義務と言われると、怖いイメージがあるかもしれません。

 

弊社にはアスベスト調査に関する有資格者がいますので、施工前にはしっかりと丁寧に説明をさせていただきます。

 

分からないことがあれば、何でもおたずねください!

 

弊社のスタッフ紹介はこちらから!

 

リフォーム工事前のアスベスト調査で注意するべきこと

リフォーム工事前のアスベスト調査が義務化!?施主様にも義務が?(5)

 

2023年10月からは、リフォーム工事前のアスベスト調査は、厚生労働大臣が定める講習を修了した者が行うことも義務づけられます。

 

リフォーム会社を選ぶ際には、厚生労働大臣が定める講習を修了した技術者がいる会社を選ぶことが必要です。

弊社では、代表の友清が厚労省・国土交通省・環境省指定の講習を修了しておりますので、安心してお任せください!

 

リフォーム工事前のアスベスト調査が義務化!?施主様にも義務が?(6)

 

 

法律改正でリフォーム工事前のアスベスト調査が義務化に!

リフォーム工事前のアスベスト調査が義務化!?施主様にも義務が?(7)

リフォーム工事前のアスベスト調査について紹介してきました。

 

2021年に行われた法改正によって、2022年4月1日からリフォーム工事前のアスベスト調査が義務化されています。

 

それに伴い、施主様にもいくつかの義務が生じるようになりました。

 

弊社では、アスベスト調査に必要な資格を持つ技術者もいますので、安心して何でもご相談ください!

 

まずは無料の屋根・外壁診断をご利用ください!

 

#Y#

 

千葉の雨漏り修理、屋根工事なら【株式会社四葉建装】


千葉県千葉市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社四葉建装
https://chiba-gaiheki.com/
住所:千葉県四街道市めいわ2-6-10
営業時間:9:00〜18:00 木曜定休

お問い合わせ窓口:050-3196-9182
(電話受付時間 9:00〜17:30)

対応エリア:千葉市・四街道市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://chiba-gaiheki.com/case/
お客様の声 https://chiba-gaiheki.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://chiba-gaiheki.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://chiba-gaiheki.com/contact/


千葉市、習志野市、四街道市、佐倉市、八街市のお客様の声

   

屋根工事の施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

   

屋根工事の施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築塗装技能士
  • 一級鋼橋塗装技能士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 足場作業主任者
  • 石綿作業主任者
  • 酸素欠乏、硫化水素危険作業主任者
  • 高所作業車10以上
  • 外壁アドバイザー
  • 職長等監督安全衛生教育者
  • 雨漏り診断士
  • 自然災害調査士
  • 一般建築物石綿含有建材調査者
  • 他、多数
職人教育にも力を入れています!建設業の許可票
職人教育にも力を入れています!職人教育
職人教育にも力を入れています!研修風景

News & Topics