必見!瓦屋根の住宅にお住まいの皆様へ

瓦屋根の固定化が義務付けられています

屋根瓦の固定化が義務付けられます

屋根瓦の固定化

国土交通省から、新築の屋根瓦について、全固定を法律で義務付けする方針が固められたと発表されました。
また、新築だけでなく既存の屋根瓦に関しても固定化を進める方針です。

どうして固定化が義務化されるの?

どうして固定化が義務化されるの?

2001年、業界団体が瓦を固定するガイドラインを制定しましたが、これには強制力はありませんでした。
近年日本では、台風や地震による自然災害が多く発生し、瓦の飛散や落下被害が広がっています。
この状況を鑑みて瓦による被害を減らすため、国土交通省は建築基準法の告知基準の改正に踏み切りました。

瓦の固定より葺き替えをおすすめする3つの理由

既存の瓦を一枚一枚固定するとなると、一度全ての瓦を取ってからの施行となるため、大きな手間や時間、費用がかかります。
そこで当社では、屋根の葺き替え工事をおすすめしております。

1.耐久性アップ

耐久性アップ

葺き替えを行うことで屋根の下の防水シートまで交換することができるため、長い耐久性が期待できます。

2.軽量化で耐震性アップ

軽量化で耐震性アップ

瓦屋根は重さが最大の欠点です。葺き替えで軽い屋根材を使用することにより、建物の重心を低くして耐震性を高めることができます。

3.外観の美しさアップ

外観の美しさアップ

日本瓦の美しさも素敵ですが、デザイン性の高い屋根材も各種ご用意しています。
葺き替えする際は、新しいデザインの屋根材で外観の美しさをアップしましょう。

千葉市、習志野市、四街道市、佐倉市、八街市のお客様の声

   

屋根工事の施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築塗装技能士
  • 一級鋼橋塗装技能士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 足場作業主任者
  • 石綿作業主任者
  • 酸素欠乏、硫化水素危険作業主任者
  • 高所作業車10以上
  • 外壁アドバイザー、他
  • 他、多数

News & Topics